頭の痛みに漢方|偏頭痛に効果が高い薬を飲む

人の自然治癒力を高める

家族

体質に合ったものを服用

偏頭痛は、どちらか一方もしくは両方のこめかみがズキズキと脈打つように痛み、その痛みは4時間から72時間続くこともあるつらい症状です。その半面、偏頭痛はいったんその症状が治まると痛みを感じなくなるため、市販の鎮痛剤で対処することも多い症状です。しかし、定期的に偏頭痛に悩まされているのなら、副作用の少ない漢方薬で治療してみましょう。漢方薬は、東洋医学であり、人の自然治癒力を高めて病気の症状を治療していきます。そのため、偏頭痛になりやすい体質を変えたり、その他の体の症状を改善したりと総合的な効果があります。漢方では、偏頭痛は気の巡りが正しく巡っていないと考えているので、気の巡りを正常にさせることを目的に薬が処方されます。また、漢方薬はその人の体質に応じて処方されるので、体への負担も比較的少ないものです。ただ、漢方薬は個人の体質に合わせた処方を行うので、体質に合わない漢方薬を服用してしまうと、偏頭痛が改善されないばかりか思わぬ副作用が起こることもあります。漢方薬を服用するときは、必ず医師に相談した上で服用するように心がけましょう。西洋薬に比べて、作用が穏やかなイメージのある漢方薬ですが、ただ漫然と同じ漢方薬を飲み続けるのは副作用のリスクを高めるので定期的に医師の診察を受けるようにしましょう。漢方薬はさまざまな生薬を組み合わせて作られているので、偏頭痛だけでなく他の症状を改善する効果もあるので慢性的に痛むなら飲んでみましょう。